2017年2月25日 admin

超貧乳コンプレックス

私は中学生の頃から貧乳に悩んできました。

その胸は最近よく使われる微乳という言葉にもあてはまらず、どれだけ小さなサイズのブラジャーを選んでもカップとの間に隙間が出来てしまうほどです。

男性で少しふっくらした方が「お前、胸があるぞ。」とからかわれることがありますが、その程度の膨らみすらありません。

まさに平坦なところに乳首だけがあるという状態です。

ヌーブラという画期的な商品

なんとか人に分からずにバストアップする方法がないかといろいろ試しましたが、どれも効果がありませんでした。

外見だけでも女性らしく見えたらと、大きめサイズのブラを購入してパットやティッシュを詰め込んでいたこともありましたが、会社の廊下を走っていた時に、大きなパットが胸元から10m先まで飛び出すという事件を起こしてやめました。

パットが飛び出していては言い訳も出来ませんが、何よりそのような素材では自然な揺れが起こらず、分かる人には偽物だとばれてしまうのです。

ところがヌーブラという画期的な商品に出会ってから、私の生活は変わりました。

ヌーブラを付けていると、自分の胸の肉と一緒に揺れることでより自然な印象になり、自分自身の胸であるような錯覚さえ覚えました。

ストラップも無く服装を選ばずに身に着けることができるのも魅力です。

しかし最も大切なことは、あなたの内面から溢れ出る魅力に勝るものは無いということです。

パートナーには胸の大きさで女性を差別しない人を見つけて下さいね。

ヌーブラはシリコン素材で作られている女性用下着の一種で、乳房に直接貼り付けるようにして着用する、肩ひものないブラジャーです。